ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは投資初心者におすすめ!リスク分散のために開いた口座3つの紹介と理由は?

新たな投資先として目をつけたのがソーシャルレンディング

ジリジリと注目されてきたソーシャルレンディング。

名前は聞いたことがあるけど、始めるまではいかないな、と考える人もいるでしょう。

そこで色々と調べたところ、ソーシャルレンディングを余剰資金で始めることにしました。

私のようにまだ初めてない方が参考になるような情報をまとめていきます。

ソーシャルレンディングとは

まずはソーシャルレンディングとはなんでしょうか。

 

ネット上でお金を借りたい人、企業』(borrower:ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(lender:レンダー)を結びつける融資仲介サービスである

出展:ウィキペディア

 
とのことです。

 
お金の借りたい人と貸したい人の希望が一致して成立するサービスですね。

 
クラウドファンディングの一種だと考えてもらえれば分かりやすいです。

 
私たちは出資をする代わりに分配金をもらうことになります。

 
まさにお互いの希望が成り立つというウィンウィンの関係ですね。

なぜソーシャルレンディングをやろうと考えたのか

なぜソーシャルレンディングをやろうと考えたのか

それにはいくつかの理由があります

 
・利回りがそこそこいい

マイナス金利政策が始まってからは、預金の利率がかなり下がりました。

 
すぐに引き落とせることができる普通預金は便利ではありますが、機会損失にしかならないと考えています。

 
利回りのいいソーシャルレンディングはまさにそのお金に働いてもらうのにはいい投資先です。

 
クラウドポートの調査によると、2016年の平均利回りはおよそ8%強と、手のかからない投資という意味では魅力的です。

 
・手間がかからない

一度預ければ運用期間が終了するまでは何もしなくていいです。

仕事が忙しくて株やFXをやるとなると、ハードルが高いです。

その点、ソーシャルレンディングではその手間がないということです。

 
空いた時間を有効に使えるということはとても大きいです。

 
・貸し倒れが極めて低い

 
2018年1月25日現在におけるクラウドポートによる調査によれば、貸し倒れ率は1.47%という驚異的な低さです。

 
投資なのでリスクは必ずあります。

 
そのリスクを図ることは絶対にしなければならないことです。

 
この1%代なら投資する価値があると判断できます。

などです。

リスク分散をすることの重要性

 
リスク分散としては、複数の会社で口座を開き、複数の投資先にお金を入れることが最善と感じました。

 
大手の会社であるmaneoでは業務改善命令が勧告されました。

 
つまり、どこの会社でも投資先でも絶対安全はない!ということです

 
これは投資においては当たり前のことですが、いざやるとなると結構面倒なところです。

 
口座開設に資金管理、投資先企業の調査などやることが多いです。

 
それならば1つの口座で投資資金を全額1つの投資先に絞って融資すれば簡単ですよね。

でも考えてみてください。

たしかに一極集中型は当たれば儲かりますし、他のことをしなくていいので手間がかかりません。

日中働いているサラリーマンからすればとてつもなく楽です。

 
しかし貸し倒れにあったらどうしますか?

 
上記のように貸し倒れ率は1.47%と極めて低い数字です。

 
ただ[極めて低い]だけです。

 
楽観的思考で確率論を排除すると、予想以上の損失を被る可能性があります。

早速開いた口座3つを紹介します

 
・SBIソーシャルレンディング

 
株取引でSBI証券を開いていること、SBIグループなので信頼できることが理由です。

 
やはり名前を知らないよりも、実際にグループ会社を知っていれば、信用度も上がりますね。

 
また成立ローン金額がmaneoに次いで第2位ということは、それだけ投資家に利用されていることになります。

 
利回りも大事ですが、私が重視したいことの1つは信用度の高さです。

 
自分の大切な資金を預けるには、やはり信頼できなければ預けられません。

ちなみにSBI証券の口座を開設していると、キャンペーンコードが送られてくることがあります。

そのコードを口座開設時に入力すると、SBIポイントがもらえます。

ちなみに私は口座開設申請の2日後にキャンペーンコードが送られてきました。

タイミング。。。

 
・クラウドバンク

 
クラウドバンク日本クラウド証券が取り扱うクラウドバンクは、融資型のクラウドファンディングサービスです。

比較的短期の案件が多いとのことです。

 
個人的な考え方として、長い期間に一定の金額を投資したくないです。

 
それは何か大きな世の中の変化があったときに、お金を引き出せないのは怖いからです。

 
やはり自分の投資における時間軸にあった内容のものでないと手は出せないですからね。

 
追記:口座開設が完了したので実際に投資を始めました。

クラウドバンクで投資始めました!口座開設からファンド選択と考えるべきことをまとめました

 
・サムライ

 
はっきり言ってキャンペーンにつられました!

SAMURAI AUTUMNキャンペーンのお知らせ

【プレゼント内容】
①上記期間内に、新規会員登録が完了したお客様
⇒500円相当のSAMURAIロゴ入りQUOカードをプレゼント②上記期間内に、当社商品を累計30万円以上購入頂いたお客様
⇒3,000円相当のSAMURAIロゴ入りQUOカードをプレゼント
(ただし、購入申込した商品が不成立となった場合は、当キャンペーンは適用されません)

という内容です。

このキャンペーンを見かけたのも何かの縁!

ということですが、リスク分散先としてしっかり機能してもらえると思っています。

私がトレードしたことのある銘柄の「SAMURAI&J PARTNERS株式会社」の子会社ということもあり、ある程度の安心感はあります。

まとめ

ソーシャルレンディングを始める理由や口座の開設の際に重視したポイントをまとめました。

これからは投資先のひとつとして市場規模が拡大していくと考えています。

 
今すぐに使わないお金があり、大きくリスクをとりたくない方なら考えてもよい投資先だと思いました。

 
今後は実際に投資した実績も記事にしていきます。

RELATED POST
ソーシャルレンディング

クラウドバンクに追加入金。元本償還前に融資した理由とリスクヘッジの取り方を考察しました

2018年12月5日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
クラウドバンクに追加入金して融資額を増やしました 私の開設しているソーシャルレンディングの口座は今のところ ・クラウドバンク …
ソーシャルレンディング

LCレンディング口座開設!おすすめのファンドと理由を解説しました。

2018年12月28日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
LCレンディングの口座を開設しました。 これで4つ目のソーシャルレンディングの投資先になります。 なぜ私がLCレンディン …
ソーシャルレンディング

クラウドバンク2019年1月分の分配金は6603円でした

2019年1月10日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
クラウドバンクの2019年1月分の分配金の支払いがありました。 クラウドバンクでソーシャルレンディングをはじめて、今回が初めての分 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です