ソーシャルレンディング

クラウドバンクで投資始めました!口座開設からファンド選択と考えるべきことをまとめました

クラウドバンク入金から投資までの一連の流れをまとめました

ソーシャルレンディングを始めることにしました。

 
リスク分散のため複数の会社の口座を開いたのですが、そのうちのひとつが「クラウドバンク」です。

 
クラウドバンクは他のブロガーの方のブログを見ても評価が高く、私も調べてみたところ、信頼できそうだったので口座開設に至りました。

 
口座開設から一週間弱で口座の開設ができましたのでファンドに投資しました。

その一連の流れとファンドを選ぶときに重視した点を記事にしました。

口座開設

クラウドバンクで投資を始める前にやることは「口座の開設」です。

 
インターネットからすべて手続きが可能です。

口座開設はこちらからどうぞ

クラウドバンクトップページ

 
あらかじめ

 
・運転免許証

・マイナンバー(通知カードでもよい)

 
の両面をそれぞれパソコンなどにアップロードしておきます。

 
これらの身分証明が口座開設時に必要なので、アップロードしておくとスムーズに手続きが進むからです。

 
あとは表示された画面に従って登録情報の入力を行ってください。

その後は身分証明書のアップロードを行います。

これで口座開設の申請は完了です。

 
初回取引開始時はマイページへログイン後、「着荷証明番号」を入力することで取引を始めることができます。

これは郵送にて送られてくるので、しばらく待ってください。

 
私の場合は口座開設の申請から一週間弱で届きました。

入金

無事に口座開設が出来ましたので、次は取引をするための入金を行います。

私はネット銀行を利用しているので、ネット振り込みを行いました。

夜にネット経由で入金作業を行ったところ、翌日には資産に反映されました。

 
これでファンドに投資する準備が整いました。

ファンドを探す

トップページから「ファンドを探す」→「募集中のファンド」を選択すると、現時点で投資することができるファンドの一覧を見ることができます。

 
目標利回りや担保、保証の有無などが一覧になっているので、自分に合ったファンドを探しやすいです。

どのファンドにするか

それではいよいよファンドを選択します。

 
ここで私が投資するときに考えたことは、「どれくらいの期間運用したいか」「担保と保証をどう考えるか」です。

 
・どのくらいの期間運用したいか

 
資産運用するにあたってファンドに資金を融資します。

 
クラウドバンクはデフォルト率0%をウリにしていますが、それは今までのデータであってこれからもそうなるとは考えません。

 
私は株のトレードを学んだ時に自分の性格を分析しました。

 
その結果、長く資金拘束するのは性に合わない、ということがわかりました。

 
それは資金拘束の期間が長ければ長いほど、世論の状況に左右される可能性が増える、ということに不安を感じてしまうからです。

 
2018年の日本株はここ数年の上げ相場から調整に入ったような値動きをしていました。

日経平均株価はバブル期以来の高値を更新しましたが、マザーズやジャスダックは下降トレンドに入るかどうか、という場面が多々見られました。

そしてトランプ大統領の発言で右往左往する不安定な情勢(安定している情勢などありませんが)が、いつ大きな影響を及ぼすのか見当もつきません。

 
以前投資信託に2年ほど投資していました。

運よく今年の1月末に日経平均が24000円を付けたあたりですべて売却して利益を得ましたが、これが下降トレンド中に保有していたら売るに売れなかったと思います。

 
ソーシャルレンディングは根本的な考え方は違いますが、もし突発的なリーマンショック級の出来事が日本を直撃したらどうしますか。

 
おそらく投資先も安定運用というわけにはいかなくなる可能性が出てくるかもしれません。

 
この「かもしれない」というところに焦点をあてているので、性格的に長期は無理、という結論に至りました。

 
・担保と保証をどう考えるか

クラウドバンクのFAQによると

保証と担保にはどのような違いがありますか?
保証とは、債務者(融資先)の財産からは債権(貸し付けた元本の返済や利息の支払いを求める権利)の全額を回収できない場合に備え、債務者以外の者の財産からも債権の回収を図る制度をいいます。
もっとも、債務者以外の者の特定の財産から優先的に回収を行うものではないため、債務者と保証人の財産の多寡によって回収の実効性は左右されることになります。
担保とは、債務者または債務者以外の者の財産のうち特定のものを別扱いにして、そこから自己の債権の優先的な回収を図る制度をいいます。
もっとも、担保はその特定の財産を換価するため、債権の回収までに時間がかかることがあり、また、換価金額によって回収の実効性は左右されることになります。

貸付先について | よくある質問

とあります。

 
なんだか難しげな内容に書かれていますが、私は保証と担保が両方有るほうがより安全性が高い、と解釈しました。

 
このブログで投資についていつも書いていますが、「投資に絶対はない」ということが私の信念です。

 
しかし、それでも安全性や確実性を求めるのは人間のサガなので仕方がありません。

 
クラウドバンクは保障と担保があるかないかがすぐにわかるので、なるべく両方あるものに投資することにしました。

初期投資額とその金額にした理由

初期投資額は「160万円」です。

もちろん余剰資金での運用ということが前提ですが、なるべく多めに運用したいと考えています。

 
他の投資商品とのバランスを考えた結果、クラウドバンクはリスクが他の投資に比べて低い、と考えました。

 
複利で運用する予定なので、分配金は再投資する予定です。

そして運用に慣れてきたら、運用額を増やしていきます。

 
なにより、一万円から投資ができる、というところは上手に活用したいところです。

 
眠っているお金にはしっかり働いてもらいたいからです。

まとめ

クラウドバンクの口座開設からファンドに投資するまでの流れと私個人の考え方をまとめました。

 
ソーシャルレンディングの中でも堅実性が評価されているクラウドバンクですが、余剰資金の運用というところは忘れてはいけないところです。

 
そしてリスクとリターンをしっかりと考えること。

 
何か起きてからでは遅いので、最悪の事態も考えてから臨むことが大事です。

 
あとは自分に合うかどうかは実際に運用してみてからですね。

 
ソーシャルレンディングをもっと知りたい、投資をはじめて見たい方はこちらにまとめた記事が参考になるかもしれません。

ソーシャルレンディングは投資初心者におすすめ!リスク分散のために開いた口座3つの紹介と理由は?

 
どんな結果になるか楽しみです。

運用結果は都度記事にしていきます。

RELATED POST
ソーシャルレンディング

クラウドバンク2019年1月分の分配金は6603円でした

2019年1月10日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
クラウドバンクの2019年1月分の分配金の支払いがありました。 クラウドバンクでソーシャルレンディングをはじめて、今回が初めての分 …
ソーシャルレンディング

LCレンディング口座開設!おすすめのファンドと理由を解説しました。

2018年12月28日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
LCレンディングの口座を開設しました。 これで4つ目のソーシャルレンディングの投資先になります。 なぜ私がLCレンディン …
ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは投資初心者におすすめ!リスク分散のために開いた口座3つの紹介と理由は?

2018年11月21日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
新たな投資先として目をつけたのがソーシャルレンディング ジリジリと注目されてきたソーシャルレンディング。 名前は聞いたことがあるけど …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です