IPO

2018年11月IPO抽選結果。当選するためには主幹事を多く務める証券会社から応募しよう

11月は2銘柄という少なさ

IPO投資3か月目になりました。

10月の抽選結果はこちらからどうぞ

2018年10月IPO抽選結果。妻の口座も開設するも撃沈!

 
9月、10月はそこそこ上場する銘柄があり応募する機会が多かったのですが、11月は2銘柄のみという少なさでした。

 
これはこちら側が決めるわけではないので仕方がありません。

SBI証券は夫婦ともに落選

コード銘柄仮条件発行価格初値申告数(私/妻)当落(私/妻)
7042アクセスGH1240~1340134035001000/500落選/落選
3498霞ヶ関キャピ3000~324032406240500/200落選/落選

銘柄数は少なかったものの、各銘柄の初値騰落率を見ていくと

・アクセスGH 161%

・霞ヶ関キャピ 92%

 
両銘柄は発行価格から初値までなかなかの上昇率でした。

 
しかし11月も当選することはありませんでした。

 
SBI証券は応募する枚数が多ければ多いほど当選しやすくなります。

 
私はそこまで資金をかけられないので、普通に応募して当選するにはなかなか厳しいのかもしれません。

SBIチャレンジポイントはまだ3ヵ月ということで20ポイントほどしか貯まっていません。

IPO人気も高いので、地道に注文し続けていくしかないですね。

SMBC日興証券は資金投入額を減らしました

コード銘柄仮条件発行価格初値申告数当落
7042アクセスGH1240~134013403500300落選
3498霞ヶ関キャピ3000~324032406240300落選

主幹事の数が多いSMBC日興証券はIPO投資を行うには必須の証券会社と言われています。

 
たしかに主幹事の多い証券会社から応募するということは、当選するためには必須です。

 
それは主幹事に割り当てられる株数が80~90%と圧倒的に多いからです。

 
やはり割り当ての大きなところから攻めないと当選は難しいですね。

SMBC日興証券は配分はすべて抽選です。

 
SBI証券のように、応募枚数が多ければ多いほど当選しやすくなるわけではありません。

 
なので、資金を他の投資にまわすことにしました。

 
当たれば大きいIPO投資ですが、当たらなければ意味がありません。

 
SMBC日興証券はSBIチャレンジポイントのようなポイントがないので、外れてもいいことはありません。

それならば応募枚数を減らし、浮かせた資金を他の投資にまわした方が有効活用できると感じました。

岡三オンライン証券も落選

コード銘柄仮条件発行価格初値申告数(私/妻)当落(私/妻)
7042アクセスGH1240~134013403500100/100落選/落選

主幹事ではないので当選するとは思っていませんでした。

やはり落選してしまうのですが、口座に資金がなくても応募できるところはやはりありがたいです。

 
特にまだ資金の少ない方にはありがたいシステムですね。

 
12月はそこそこの銘柄数を取り扱い予定なので、応募はしておきます。

ライブスター証券は今月も取り扱いなし

10月は取り扱いのなかったライブスター証券は、11月も取り扱いなしでした。

ライブスター証券は株のトレードには色々な注文方法があり、とても使いやすいですがIPO投資には向いていないのかもしれません。

まとめと今後の課題

11月もIPOの当選はありませんでした。

上場数自体少ないので仕方がありませんが、12月は多く予定しています。

 
そして今までは主幹事の証券会社から応募することを重視していませんでしたが、非常にもったいないことをしていると気がつきました。

 
前述の通り、主幹事はほとんどの株数を割り当てられます。

 
主幹事以外の割り当ては一桁がほとんどと圧倒的に少ないです。

 
私は主幹事の多い証券会社の口座はSBI証券とSMBC日興証券のみ開設しています。

 
調べてみると大和証券、みずほ証券、野村證券あたりが多く主幹事を務めています。

 
これらの証券会社の口座を開設しないとこのままでは当選することはない、と考えました。

年末に向けてバタバタしだす時期ですが、まずは証券会社の口座を開設してチャンスを増やしていきます。

RELATED POST
IPO

2018年9月IPO抽選結果。初月は慣れることを重点においてひたすら応募に専念しました

2018年10月9日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
9月から始めたIPOはやはり厳しい結果 何かいい投資方法がないかと探していたところ、IPO投資にたどり着きました。 ローリスクハ …
IPO

ソフトバンクIPO公開価格割れ。私が保有しているなら損切をする理由を考察しました

2018年12月19日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
最近はソフトバンクIPOの話で盛り上がっていました。 私と妻も当選してこのお祭りに参加しました。 はっきりいって全く期待 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です