自己紹介

私の自己紹介と今までの半生。このブログを通して伝えたいこと。


このブログを書いているtabikomeです。

 
私のブログを閲覧していただきありがとうございます。

 
このブログを訪問していただいた理由は何だったのでしょうか。

・サラリーマンの資産運用

・投資

・株

あたりでしょうか。

 
なぜ私がこのブログを書くようになったのか、何を伝えたいのかを私の半生を振り返りながらご紹介していきます。

自己紹介をする理由

なぜ自己紹介をしようと考えたのかというと、

 
「このブログを書いている人はこんな人です」

 
ということをお伝えしたいからです。

私はブログが好きで色々なブログを見ています。

記事を読んだ後はどのような人がこの記事を書いたのか、ということが気になり自己紹介を見に行きます。

その人となりがわかると親近感が湧き、そのブログを読んでみたくなるからです。

プロフィール

・名前 tabikome

・年齢 30代

・職業 サラリーマン

・家族 妻、子

・年収 平均以下

・趣味 旅行、カメラ、資産運用、ブログ、音楽

・性格 あまのじゃく、かわりもの、ポジティブ

幼少期から学生時代まで

幼稚園から大学卒業までの軌跡です。

幼少期〜小学生まで

小さい頃は体が弱く、幼稚園や学校を休みがちでした。

 
引っ込み思案な性格だったので、自分から前に進んで出るタイプではなかったです。

 
小学校に入学し、楽しくなり始めたのは4年生。

とても仲のいい友人ができてからは、明るくなったね、と親に言われたことを覚えています。

 
それからはどんどん前に出るようになり、小学6年生には学級委員長、運動会では選手宣誓を行なうなど、全然違う性格に変わっていきます。

 
友人も増え、男女問わず仲のいいグループができてとても充実していました。

暗黒の中学生時代

私の人生の中で最も充実していなかったのが中学時代です。

 
この頃から反抗期が始まり、何をしても楽しくなかったです。

 
いわゆる無気力でした。

それでも文通をしたり、塾では仲のいい友人ができたりと悪いことばかりではなかったです。

 
3年生になって進路希望を出した時、自分の偏差値では入学できるかどうか、という際どいレベルの高校に進路希望を出しました。

 
夏から本格的に受験勉強を始め、無事に合格することができました。

音楽と筋トレの高校時代

高校時代は音楽と筋トレが2大キーワードになりました。

 
音楽は元々好きだったのですが、この頃流行っていた「ヴィジュアル系」にどハマりしました。

当時は暗く重く激しい曲は自分の中で「これだ!!!」と強く思わせるほど衝撃的でした。

 
筋トレは中学の時から深夜にやっていたプロレスを見ていて、筋肉ってかっこいいな、と思ったのがきっかけでした。

時間があればひたすら筋トレをしていました。

 
高校2年生の時にギターを買い、弾き始めました。

当時バンドといえば「バンドやろうぜ!」という雑誌があり、スコアはそこで見ていました。

初めて弾こうとしたのはXJAPANのHIDEの「TELL ME」という曲です。

初心者には難しすぎてすぐに挫折しました。

 
高校3年生からはそこからパンクミュージックにはまり、さらに色々な曲を聴きます。

そして楽器も再開し始めました。

 
進路は当時の学力ではE判定だった大学にどうしても行きたくて、塾に通い始め猛勉強をしました。

 
結果、合格することができ、大学では絶対にバンドをやろうと心に決めていました。

勉強ではなく音楽一色の大学時代

無事に第一志望の大学に進学することができました。

入学したらバンドをやると決めていたので、すぐに軽音楽サークルに入部。

担当はベース。

 
ひたすら音楽漬けの毎日でした。

 
卒業までに400曲近くをライブで演奏をするくらい、バンド活動が大好きでした。

 
勉強はというと、専攻の学科は実習で自分に合わないとはっきりとわかったため、一気に学ぶ気がなくなりました。

就職活動を始め、運良く内定をもらったサービス業の某上場企業に入社を決めます。

インターンシップという名目で大学4年生の頃は今までのバイトと内定先のバイトの掛け持ちでほとんど学校に行かなくなります。

 
しかし、卒業までの最低単位がギリギリなことに気がつき、これもギリギリの単位を取り無事卒業することができました。

先生方の協力がなければ卒業できなかったかもしれません。

社会人になってサラリーマンになる

学生時代が終わり、社会人として働きだしました。

転職をくり返し落ち着かない生活をしていました。

経験を重ねていくにつれて働くとは何か、ということを考えることが増えていきます。

長続きしない社会人生活のはじまり

晴れて社会人になり、正社員として働き始めました。

 
新卒として入社した会社は労基を無視した、いわゆる「ブラック企業」。

 
当時の上司は相当長い時間働いていました。

学生の頃からインターンとして働いていた私も早い段階から責任のある立場になりました。

休日返上で半日以上、かなりの安月給で働いていました。

友人とも遊べず彼女とは別れ、たまの休日は寝て過ごす。

 
何かが違うと感じ始めました。

 
この会社は2年ほどで退職することにしました。

会社を辞めて振り返ったとき、自分には何が残ったのだろう。

 
少しの貯金と少しの技術と膨大な時間の浪費でした。

 
身を粉にして働いても、地位も残りません。

 
なんとも虚しい気持ちになりました。

 

この時の経験はもう出世しない生き方を考えるきっかけのひとつになりました。

昇進を断った訳とは。実体験をもとにリスクとリターンを比べた結果です

しかし働き方自体を考えるということまでには至りませんでした。

趣味を通して人生観が変わっていく

趣味が音楽と筋トレくらいしかなかった私が社会人になってから好きになったこと。

旅とカメラです。

この趣味を通して自分の中の価値観が変わっていきます。

日本47都道府県全てを旅した

社会人になってから見知らぬ土地に出かけることにハマりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同時期にカメラにもはまっていたので、一眼レフとフィルムカメラを常に携帯していました。

 
元々凝り性なので、好きになったらとことん追求していくタイプです。

 
休日には自分が訪れたことのない場所に出かけました。

 
旅先はワクワクが止まりませんでした。

 
自分の知らない風景、空気感、言葉、食べ物など。

わからないことは人に聞いて助けてもらったり、外国人観光客と写真を撮ったりと、人とのふれあいも魅力的でした。

 
20代のうちに日本47都道府県をすべて巡ることを目標にし、たまに海外に行きながら無事に目標達成ができました。

 
これは自分の人生で大きな収穫になったことです。

世界は広い、そして人間は自由だ

知らないと土地に行き自分の見聞を広げていくうちに、気がついたことがあります。

 
「世界は広い、そして人間は自由だ」

 
今まではどれだけ自分の小さな物差しで世の中を見ていたのだろうと思いました。

 
自分の世界を決めるのは自分です。

世界を広いと思うのか、狭いと思うのか、楽しいを思うのか、つまらないと思うのかは自分次第です。

つまらないと思うのなら楽しくすればいい。

 
変えていけばいいのです。

 
何も縛られるものはありません。

 
ただ「一般常識」と呼ばれるものに囚われているだけです。

そこから一歩勇気をもって踏み出してみてください。

 
今まで見えなかったたくさんのことが私たちを待っています。

今後の生き方の目標

今まで学んだこととこれからどうやって生きていきたいのかが明確になってきました。

もちろん今後も軌道修正は行っていきます。

会社に依存しない生き方をする

私も30代になり、そろそろ結婚をしようと考えていた時に、貯金が少ないことに気がつきました。

 
平均年収以下の給料を定年までもらい続けても、大した金額にはなりません。

むしろリスクが多すぎます。

 
そしてサラリーマンは制約が多く、このままの生活を定年まで送るなんて考えられません。

 
そこで知ったのが資産運用です。

 
お金を稼ぐことは勤め先から給料をもらうことがすべてではありません。

副業が世間的にも徐々に浸透してきた時期でもありましたので、色々と調べました。

その結果、株式を売買するトレードがサラリーマン生活から脱却できる手段かもしれないと考えました。

 

 
現在はトレードを学びながら他の資産運用の実践、セミナーへの出席や読書などの自己啓発、節約術の模索など複合的に行っています。

今までのサラリーマン的思考から、「脱」サラリーマン的思考へ意識のすり替えをして制限を取り払う作業は、自分の価値観が新しくなりました。

 

今読みかえすと無知がどれだけもったいことなのか、ということが痛いほどわかります。

昔の私に教えたいくらいです。

現状とこれから

新卒で入社した会社を退職した後は、転職を何度か繰り返し今の会社で働いています。

日雇いをした経験もあります。

私は今の会社にも満足していません。

 
きっとこれからも、そしてどこの会社で働いても満足することはないでしょう。

 
被雇用者という立場にいる以上は、この状況はずっと続いたままです。

この状況を打開するために今の資産運用があります。

 
運がいいことに、「サラリーマンとして定年まで務めるには限界がある。自分の未来は自分で作る」ということがわかりました。

 
まだまだやりたいことがたくさんあります。

 
せっかくもらったこの人生を思いっきり楽しみたいです。

 
そのためには自分のためになることは実践していきます。

伝えたいこと

長いプロフィールを読んでいただきありがとうございました。

このブログにたどり着いたのは、きっと今の生活に満足していない方でしょうか。

 
人生は会社に決められるものではありません。

 
人の一生は自分で決めることができます。

 
あなたの本当にやりたいことは何ですか。

どうやって生きていきたいですか。

 
今頭に浮かんだことは必ず実現できます。

 
実現するためにあきらめないで動くか動かないかだけです。

私もまだ道半ばです。

このブログを通じて誰かのためになる記事を書けるよう精進していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です