ソーシャルレンディング

冬のボーナスもクラウドバンクへ投資!運用中ファンドは二ケタ突入です

冬のボーナスを投資することに決めていました

ボーナスの使い方でこれからの将来が変わる、という記事を書きました。

 
労働収入によって得られたお金は、そのまま消費してしまってはまた労働して給料をもらうというサイクルから逃れることはできません。

 
そのためには投資にお金をまわさないといけない、という理由になりました。

ボーナスは投資にあてよう。将来は今の行動で変わる!

この記事の内容通り、ボーナスを投資にまわしました。

投資先はクラウドバンクです。

とりあえず資金は投資用口座に用意しておく

ボーナスが支給された翌日には引き落としを行い、投資口座に移しました。

 
私の場合、投資の資金は生活費とは別の口座を作っています。

 
すべて同じ口座で管理すると、何が何だか分からなくなってしまう可能性があるからです。

 
引き落としなどを一緒にしてしまうとこの投資が良かったのかがわかりづらくなり、ふり返りがしにくくなるかもしれません。

 
クラウドバンクは投資家専用の口座があるので、そちらに資金を移しておきます。

元の投資用口座にも資金は残しておいています。

 
他のソーシャルレンディング業者がいい案件を出した場合は、すぐに投資できるようにするためです。

初足が遅れると、人気のある案件はすぐに満額達成してしまい、参加が出来なくなる可能性もあるからです。

少額でも多くのファンドに投資する

先日は追加投資についての記事を書きました。

クラウドバンクに追加入金。元本償還前に融資した理由とリスクヘッジの取り方を考察しました

 
元本償還前なのに追加投資したのですが、今回はさらに投入金額を増やしたことになります。

ただ、クラウドバンク以外にも口座を開設しているので、そちらにも投資するファンドを探している状態です。

 
なかなか自分の条件に合うファンドが見つからないので、資金を残していますが、焦らずに待つことが得策だと考えています。

資金余力はある程度確保していますが、同じファンドに大きな金額を投入するのは控えています。

このままデフォルト0のまま運用できるとは思っていない

クラウドバンクはデフォルトなしというところに信頼性を感じたので、メインにしようと決めました。

 
しかし、このままずっとデフォルトなしのままいけるか、ということには否定的です。

 
他業者のデフォルトの事例を見たのですが、回収率が悪いと投資家への返金率がものすごく悪いことを知りました。

 
年率数パーセントのリターンを取るために、元本を大きく減らしてしまったら元も子もありません。

 
途中で損切りができればいいのですが、投資期間中は原則的に資金が拘束されてしまいます。

 
リスクリワードを考えた時に、年利数パーセントのために、一発のデフォルトで元本の数十%も飛ばしてしまったら、元本の回復までに数年はかかる可能性があります。

 
そう考えた時に、やはりいくつも細かく分けておかないと危険が増えてしまいます。

条件に合うファンドが思った以上に少ない

以上の理由から積極的に投資する予定ではあるものの、条件が合致しないと投資することはしません。

 
そもそも私は株は長期ではなく、短期でサヤをとることを考えているので、どうも長期保有が性にあわないようです。

数ヶ月も長く感じてしまうのに、年単位で運用することはどうも機会損失になってしまうと考えるので難しいです。

 
もっと資金の大きな方ならいいのかもしれませんが、私のような少額の資金をまわすことと考えるのなら、トレードをしたほうがいいです。

ポートフォリオは定期的に見直しを行う必要があるので、違うと感じたときは変える予定です。

現在投資中のファンド

2018年12月12日現在の投資中のファンドをご紹介します。

運用準備中も含めています。

 
・中小企業支援型ローンファンド第435号

・太陽光発電ファンド第540号

・太陽光発電ファンド第538号

・太陽光発電ファンド第537号

・太陽光発電ファンド第534号

・太陽光発電ファンド第533号

・太陽光発電ファンド第532号

・太陽光発電ファンド第523号

・太陽光発電ファンド第522号

・中小企業支援型ローンファンド第434号

 
とついに2ケタになりました。

太陽光に偏りがありますが、私の条件に合ったものを選択してるので特に気にしていません。

他のソーシャルレンディング業者の投資状況

私は他にも

 
・SBIソーシャルレンディング

・サムライ

 
の口座を開設しています。

今のところ条件が合わないので投資には至っていません。

 
リスクヘッジを行うための口座開設だったのですが、現状ではできていない状態です。

前述した余剰資金はこのためにとってあります。

まとめ

さっそく支給されたボーナスを投資にあてました。

 
今はほしいものが買えないかもしれません。

しかし、今買わないことでお金に働いてもらうことで、資金が増えて返ってくることになります。

 
ボーナスの支給はいつもあるとは限りません。

 
来期は減額、もしくは支給なしの可能性も大いにあります。

 
それならば今のうちに手もちの資金を増やしておきませんか。

こうして投資の経験値を増やしていくにつれて、投資が楽しくなってきます。

 
数年後のためにぜひ投資を検討してみてください。

RELATED POST
ソーシャルレンディング

クラウドバンクに追加入金。元本償還前に融資した理由とリスクヘッジの取り方を考察しました

2018年12月5日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
クラウドバンクに追加入金して融資額を増やしました 私の開設しているソーシャルレンディングの口座は今のところ ・クラウドバンク …
ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは投資初心者におすすめ!リスク分散のために開いた口座3つの紹介と理由は?

2018年11月21日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
新たな投資先として目をつけたのがソーシャルレンディング ジリジリと注目されてきたソーシャルレンディング。 名前は聞いたことがあるけど …
ソーシャルレンディング

クラウドバンク2019年1月分の分配金は6603円でした

2019年1月10日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
クラウドバンクの2019年1月分の分配金の支払いがありました。 クラウドバンクでソーシャルレンディングをはじめて、今回が初めての分 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です