ソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング初投資。信頼度と使い勝手、ファンド選択に考慮したことは?


SBIソーシャルレンディングの口座を開設してからおよそ一か月。

やっと投資したいファンドが見つかりました。

 
信頼度と使い勝手、ファンド選択に考慮したことをまとめました。

SBIソーシャルレンディングを開設した理由

私がソーシャルレンディング業者の比較をしていた時に必ず候補にあがっていたのは、SBIソーシャルレンディングでした。

それは信頼性が高いということが大きな決め手になったからです。

SBIグループという安心感

私はSBI証券の口座を開設してIPO投資を実践しています。

またネット銀行では住信SBIネット銀行の利用もしています。

 
日常的にSBIグループのサービスを利用してるので、同じグループ会社なら大丈夫だろうという安心感があります。

 
SBIソーシャルレンディング株式会社の株主はSBIグループが100%出資をしています。

2018年はソーシャルレンディング業界に遅延が起こり、業界全体の信用が試される時期になったと感じている投資家が多いようです。

 
それならば、より一層業者選びは気をつけなければならないと感じています。

ファンドに投資する

SBIソーシャルレンディングの口座を開設した後は、いよいよファンドに投資します。

実際のファンド探しやホームページの利便性について気がついたことをお伝えします。

ホームページが使いづらい

ホームページが使いづらいという声が聞かれるSBIソーシャルレンディング。

 
私もはじめは使いづらくて戸惑いました。

毎日見ていれば慣れてきますが、すべてに目を通していません。

 
私がチェックしているのは「本日開始のファンド」です。

 
確認方法は「本日開始のファンド申込」をクリックします。

その日に新しいファンドの募集があれば一覧で表示されます。

このブログを投稿した日は募集はありませんでした。

 
もしくは登録したメールアドレスに本日開始のファンドの情報が送られてきます。

 
メール内にはファンドの概要やポイントなどが記載されており、見やすいのでおすすめです。

応募までの流れと問題点

ファンドの内容を確認した後はファンドに応募します。

 
出資申し込みから出資金額を入力すると確認事項にチェックを入れて申し込みをすると、メッセージボックスにメールが届きます。

メールには送金先が記載されているので、申込金額と同額の送金をします。

 
クラウドバンクと異なる点は、クラウドバンクは専用のクラウドファンディング口座があるので、そちらに入金しておけば投資したいファンドがあるときにその口座から資金をすぐに投資することができます。

 
しかし、SBIソーシャルレンディングはファンドに応募した後、「その都度」入金作業をしなければなりません。

 
これがものすごく手間に感じています。

 
私は送金にネット銀行を利用しているのですが、無料の送金回数内で収めたいと考えています。

SBIソーシャルレンディングは頻繁にファンドの募集があるわけではないので、多くのファンドに投資するということはしません。

 
しかし、他にも投資を行っているので送金の必要があります。

 
送金の回数が増えるほど送金手数料がかかりますので、長期的に見ると無視できないコストになります。

ファンドに投資する際に考慮したこと

SBIソーシャルレンディングは主に

 
・オーダーメード型ファンド

・不動産担保ローン事業者ファンド

・カンボジア技能実習生支援ローンファンド

 
の3種類があります。

この中で自分にあったファンドに投資をします。

 
何を重視して投資をするのかを決めておきましょう。

応募したファンドと理由

はじめて投資したのは「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド19号」でした。

 
このファンドは玄海インベストメントアドバイザーと協業して組成する「かけはし」シリーズです。

このファンドに投資した理由がいくつかあります。

 
・「かけはし」シリーズはこれまでに貸倒れや延滞がないことが信頼感を高めている。

 
やはり貸し倒れがあると安心してお金を投資することは難しいです。

その面では安心できました。

また担保があるのは大きいです。

 
安心感を高めるというのは個人的には優先順位が高いです。

 
何が起こるのかわからない世界だからこそ、安心する点を探すことは大事だと考えています。

 
・運用期間が9か月と短い

 
私はこのブログで長期間のお金の拘束を避けることを述べています。

最近はNYダウが値を崩しはじめ、日経平均も20000円の節目の行方が気になっています。

日経平均前日比-822とサポートをあっさり突破!今後のトレンドをチャートで考察しました

ここでリーマンショック級の不況が訪れたらファンドがどうなるかわからないです。

 
投資した金額が戻ってこなくなることは避けなければなりません。

 
この9か月というのは私の中では長期ともいえるくらい長く感じますが、リスクの分散を考えると投資してもいいという判断に至りました。

これからもSBIソーシャルレンディングを利用するのか

はじめて投資までの段階に至ったので、まだ何とも言えないのが正直なところです。

 
使いやすさはいまいちですが、他のソーシャルレンディング業者に比べると信頼性はトップクラスだと感じています。

 
しかし遅延やデフォルトが起きたことがあるので、妄信しないようにします。

以下のリンクから元本償還の実績を確認することができます。

元本償還の実績

このバランスをどう判断するのかがこれからのポイントになりそうです。

まとめ

はじめてSBIソーシャルレンディングに投資した流れとファンドを選択した理由を書きました。

 
今のところ、メインで利用しているクラウドバンクが私には合っています。

 

クラウドバンクが気になった方はこちらの記事が参考になるかもしれません。

クラウドバンクで投資始めました!口座開設からファンド選択と考えるべきことをまとめました

 
しかしやっと自分の投資したいファンドが見つかったので、実際に運用してみてからの判断でいいと思います。

 

今週はLCレンディングの口座開設が完了しました。

LCレンディング口座開設!おすすめのファンドと理由を解説しました。

他にも気になる投資法があるので、色々な可能性を探していきます。

注意:あくまでも個人的見解です。
この内容を参考にして取引をされて損失を出されても、当方は一切の責任は負いません。
自己責任での取引をお願いします。

RELATED POST
ソーシャルレンディング

クラウドバンクに追加入金。元本償還前に融資した理由とリスクヘッジの取り方を考察しました

2018年12月5日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
クラウドバンクに追加入金して融資額を増やしました 私の開設しているソーシャルレンディングの口座は今のところ ・クラウドバンク …
ソーシャルレンディング

クラウドバンク2019年1月分の分配金は6603円でした

2019年1月10日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
クラウドバンクの2019年1月分の分配金の支払いがありました。 クラウドバンクでソーシャルレンディングをはじめて、今回が初めての分 …
ソーシャルレンディング

冬のボーナスもクラウドバンクへ投資!運用中ファンドは二ケタ突入です

2018年12月12日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
冬のボーナスを投資することに決めていました ボーナスの使い方でこれからの将来が変わる、という記事を書きました。 労働収入によ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です