ソーシャルレンディング

LCレンディング口座開設!おすすめのファンドと理由を解説しました。


LCレンディングの口座を開設しました。

これで4つ目のソーシャルレンディングの投資先になります。

 
なぜ私がLCレンディングの口座を開設したのかをまとめます。

また実際に投資したファンドの紹介と、その理由を解説しました。

なぜLCレンディングに口座を開設したのか

はじめはLCレンディングは口座開設の候補から外していました。

 
それは「maneoファミリー」だからです。

 
「maneoファミリー」とはmaneoと提携しているソーシャルレンディング業者のことを呼ぶそうです。

maneoファミリーで大規模な遅延があったため、信用できるかどうかということが悩みどころでした。

4つ目のソーシャルレンディングの投資先を探していた

私のこのブログではひたすら

 
「分散投資の重要性」

 
を書いてきています。

 
2018年はソーシャルレンディング業界は様々な問題が発生しました。

まだ私は始めて数ヶ月なので被害にあってはいないのですが、内容をみるとなかなか厳しいようです。

 
ソーシャルレンディング業界自体がまだ新しいので、これからも色々な問題が発生すると思っています。

 
しかし、この利回りの良さはやはり捨てがたいです。

 
となると、考えうる対策は

 
・ソーシャルレンディング業者を分散する

 
・ファンドを分散する

 
・少額の投資にする

 
・担保、保証があるファンドに投資する

 
・短期の案件に投資をする

 
などが考えられます。

短期案件の取り扱いがあることが決め手

私は現在、

 
・クラウドバンク

 
・SBIソーシャルレンディング

 
・サムライ

 
の3つの口座を開設しています。

 
4つ目のソーシャルレンディングの業者探しをしていた時に比較検討をしました。

 
決め手になったのは取り扱いのファンドが私にあっていたからです。

クラウドバンクで投資始めました!口座開設からファンド選択と考えるべきことをまとめました

 
私が主に投資しているのはクラウドバンクですが、クラウドバンクの決め手になったのは、比較的短期のファンドが多いことです。

基本的には運用期間が6ヶ月未満のファンドに投資するようにしています。

 
それは長い時間資金を拘束されると、世界情勢が変化した時に対応が取りづらいからです。

 
損切りができるトレードは違い損失額がいくらになるのかわからないのが、ソーシャルレンディングのリスクです。

私はトレードで損切りの大切さを身に沁みて理解しているので、短ければ短いほどいいです。

 
ファンドに投資してから運用まで時間がかかり、機会損失になるという面も否めないのですが、それは仕方がないものだと割り切るしかないです。

連帯保証が付帯されているファンドがおすすめ

早速LCレンディングのファンドに投資しました。

 
そのファンドは

 
「LCGF」の3ヶ月

 
です。

 
このファンドは私にもってこいの条件でした。

 
その条件は

 
・担保、保証あり

 
・運用期間が3ヶ月と短い

 
です。

 
その中でも、このファンドは「LCホールディングスの連帯保証が付帯されている」が大きなポイントです。

 
LCホールディングスとは

LCホールディングス株式会社(LC Holdings, Inc.)は東京都東大和市に本社を置く持株会社。不動産会社の株式会社ロジコム(Logicom, Inc.)などを傘下に置く。

会社です。
引用先:ウィキペディア

ジャスダックに上場しており、事業は不動産賃貸業などを行なっています。

 
やはり上場企業の連帯保証というのはとても心強いです。

 
そこまでひどいことにはならないだろう、という気持ちがあります。

 
しかし、2018年にインサイダー取引疑惑がかかり元社長らが告発されました。

元社長らインサイダー容疑で告発 LCホールディングス
引用元:日本日本経済新聞

 
内容を確認したところ、ソーシャルレンディング事業自体には影響はなさそうだ、という判断をしました。

 
ただ、投資家心理には少なからず影響があることには間違いなさそうです。

LCレンディングに実際に投資したファンドは?

・LCGF496号 3か月運用型

 
・LCGF498号 3か月運用型

 
・LCGF499号 3か月運用型

 
に投資をしました。

 
前述のようにこのファンドの保証が魅力的なため、他のファンドには今のところ投資する予定はありません。

 
しばらく様子を見てから投資額を増やすかを決めたいと考えています

まとめ

あらたに開設したLCレンディング。

 
元社長らによるインサイダー取引疑惑がありましたが、今のところソーシャルレンディング事業には影響がなさそうだと判断しました。

 
LCホールディングスの連帯保証が付帯されているファンドがあり、保証を重視している私にはとても魅力的にうつります。

 
今のところあともう一社ソーシャルレンディング業者の口座を開設する予定です。

まだほかにも優良な会社があるかもしれません。

 
ひとつの会社に固執せずに探してリスク分散をしていくことが重要です。

RELATED POST
ソーシャルレンディング

クラウドバンク2019年1月分の分配金は6603円でした

2019年1月10日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
クラウドバンクの2019年1月分の分配金の支払いがありました。 クラウドバンクでソーシャルレンディングをはじめて、今回が初めての分 …
ソーシャルレンディング

冬のボーナスもクラウドバンクへ投資!運用中ファンドは二ケタ突入です

2018年12月12日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
冬のボーナスを投資することに決めていました ボーナスの使い方でこれからの将来が変わる、という記事を書きました。 労働収入によ …
ソーシャルレンディング

クラウドバンクに追加入金。元本償還前に融資した理由とリスクヘッジの取り方を考察しました

2018年12月5日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
クラウドバンクに追加入金して融資額を増やしました 私の開設しているソーシャルレンディングの口座は今のところ ・クラウドバンク …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です