節約

不要なアイフォンを高く売るためにしたこと3点!体験談を交えてお伝えします


不要になったアイフォンはどうしていますか。

私は機種変更をした後は売りに出しています。

 
しかしこのアイフォンはお店によって売却価格に大きな開きがあります。

 
実際に私がアイフォンをより高く売った方法3点を抑えておけばより高く売ることができる可能性が高くなります。

 
売却までに行ったことを体験談を交えてお伝えします。

使い終わったアイフォンはどうする?

私はアイフォンを使って5年目になります。

スマートフォンの機種にこだわりはないのですが、使っていくうちにアイフォンの使いやすさに慣れてしまい、アイフォンユーザーになりました。

 
今使っているアイフォンで3台目になります。

2年縛りで契約更新のたびに新しいアイフォンに変えています。

 
不要になったアイフォンは家に置いておくのか、別の使い方をするのか、売ってしまうのか悩みどころですね。

家に置いておく

家に置いておくメリットを考えてみました。

 
しかし特にメリットが見当たらなかったです。

 
アイフォンは売ることができます。

 
しかも数千円から数万円になる可能性が大いにあります。

 
新しい機種が次々と発売されればその分、旧機種は売値が低くなります。

思い入れのある機種だったり何か理由があるのでなければ、置いておく必要性がなさそうです。

別の使い方をする

アイフォンの別の使い方を考えました。

 
私ならミュージックプレイヤーに使います。

 
アイフォンで音楽を聴いていると思ったより電池を消費します。

外出先で充電に不安がある場合は音楽を聴くことを躊躇してしまうこともあります。

 
また学習音声などは再生時間が数時間あるものもあり、内臓ストレージに余裕がなくなる可能性があります。

 
ミュージックプレイヤーとして使うと割り切ってしまえば、不要なデータをすべて消去して長い音声データを入れることができます。

 
私は通勤中はこの方法で音楽を楽しんだり、勉強をしています。

アイフォンを売る前の事前準備

いざアイフォンを売ろう!

と決めたはいいけど、何かしておいた方がいいのか。

という疑問がに対する答えは

 
「あります」

 
実際にやっておいてよかったことを紹介します。

アイフォンをきれいにしておく

店員さんが査定をするときにまず見るのが

 
「見た目」

 
ですよね。

 
買取基準にも外見の状態によって大きな金額の差が出ています。

せっかく売るなら外観を綺麗にした状態にしておきましょう。

 
特別なことをしなくても、濡れティッシュでアイフォンを拭くだけで印象が全く変わります。

附属品を揃えておく

附属品があるかないかで金額に差が生じます。

 
アイフォンの付属品は

・ヘッドセット「EarPods」(イヤホン)

 
・USB充電ケーブル

 
・USB電源アダプタ

です。

 
これらとアイフォン本体がアイフォンの箱に入った状態で出荷されます。

 
この付属品が欠けていると査定のマイナスポイントになります。

 
使わないのなら未開封のまま取っておくと、査定額に反映されます。

初期化をする

査定をしてもらうためには初期化をする必要があると言われました。

初期化は簡単なので、以下の手順にて実行できます。

 
ホーム画面の「設定」をタップ

「一般」をタップ

「リセット」をタップ

パスコードを入力

「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ

「iPhoneを消去」をタップ

「iPhoneを消去」を再度タップ

Apple IDのパスワードを入力後、「消去」をタップ

初期化が完了

 
この操作を完了すると、すべてのデータを設定が消去されます。

 
必要なデータは必ずバックアップを取っておいてください。

アイフォンを売るためにはどうすればいい?

それでは実際に使わないと思ったら売ってしまいましょう。

今まで妻の分も合わせて5台ほどアイフォンを売りました。

実際にした行動を紹介します。

実店舗に売りに行く

はじめに思いついたのは実店舗に持ち込み査定をしてもらうことでした。

 
我が家から行ける距離にあるのはブックオフとハードオフでした。

機種変更して使わなくなったアイフォンをそのまま持ち込みに行ったところ、

 
「初期化していますか?」

 
と聞かれました。

初期化?

何それ?

とならないためにも、上記でご紹介した初期化を行った状態で持ち込みましょう。

査定をしてもらう

初期化をした状態で再度査定をしてもらいました。

 
査定自体は10分程度で終了しました。

一度目はそれなりの金額に思えて、提示された金額にて売却しました。

 
そののちに再度売りに行った際に査定をしてもらうと、前回の売却価格から数千円金額を下げられた金額でした。

 
それはあまりにも低すぎる、とその場で売りませんでした。

 
しかし数回時期をあけて査定をお願いしたところ、今度は数千円高い金額が提示されました。

相見積もりをとろう

上記のように、店によってか人によってか、その時の相場によってかはわかりませんが、金額に大きな差が出ることがわかりました。

 
ここで妥協してはいけません。

 
高く売れるものをわざわざ安く売る必要はないからです。

ここでしてほしいことが

 
「相見積もりをとること」

 
です。

 
相見積もりとは復数の業者から見積もりをとることです。

 
Aという業者は1000円という査定結果だとします。

Bの業者は3000円でした。

AよりBの方が高いからBにしようと思うかもしれませんが、Cの業者は5000円の査定結果を出してくるかもしれません。

 
このように多少の手間はかかりますが、金額の差が生じることは多々あります。

 
そのためには相見積もりをとって比較検討をするべきなのです。

ネットで相見積もりがとれる

実店舗に本体を持ち込むのは面倒!

周りに買い取ってくれるお店がない

 
といった悩みを解決してくれるのはネットでの相見積もりサービスです。

 
私が利用したのは「ヒカカク!」

というサイトです。

 
買取価格比較ならヒカカク!

簡単1分の入力で、最大5社が買取価格を一括査定!

とありましたが、返信が来たのは3社のみでした。

それでも家にいながら簡単に相見積もりが取れるのはとても楽です。

結局どこで売ったの?

相見積もりをとった結果、ハードオフに売ることにしました。

今回の売却の内容をご紹介します。

アイフォンの機種と売却金額

売却したアイフォンの詳細です。

アイフォン5s 16GB

ワイモバイル

売却価格 3000円

という結果になりました。

 
上記のヒカカク!での提示金額は5社中3社が売却可能とのことでした。

ヒカカク!での査定金額の最高値は1000円でした。

さらに状態によってはここから引かれるとのことでした。

 
数ヶ月前には4000円の査定だったので、1000円下がってしまいましたが、アイフォンも最新機種が続々と発売される中、この金額なら許容範囲だと感じ売却を決めました。

ワイモバイルは安くなる?

買取サイトで売却対象は大手3社と記載されていることが多かったです。

 
ワイモバイルはソフトバンク系列ですが、ソフトバンクと同等の扱いを受けていないようです。

査定時にワイモバイルの売却状況を聞いてみたところ、買取金額は下がっている傾向にあるとのことでした。

 
今後も値下がりがあるかもしれません。

 
解約してただ持っているだけならば、すぐに売ってしまいましょう。

まとめ

アイフォンを高く売る方法3点を体験談を交えてお伝えしました。

 
・スマホの外観を綺麗にしておく

 
・附属品を揃えておく

 
・相見積もりをとる

 
の3点を抑えておくと、より高い金額を提示される可能性が高くなります。

 
もし納得がいかなければ、時期をずらして再度見積もりを取ることも効果的です。

 
アイフォン本体が高い金額で購入することになるので、できることなら高く売りたいと考える方も多いです。

この記事を参考にされて売却できれば幸いです。

RELATED POST
節約

投資家はケチになれ!ケチと節約の違いを判断するポイントは?

2018年12月23日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
投資家にケチが多いことは本当か 投資家として成功したいならば、ケチと節約の違いを知っておいた方がいいかもしれません。 なぜな …
節約

最も簡単な不労所得はクレジットカード支払い!年間2万円以上好きなことに使っています

2018年9月16日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
支払いをするならクレジットカード一択! 皆さんはお金を使う時は現金派ですか?カード派ですか? 私はクレジットカードで支払 …
節約

無理のない節約のススメ。やってみるとお金が貯まるしストレスないしいいことばかり!

2018年9月5日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
節約について本気出して考えてみたらいいことばかり みなさんは「節約」と言えばどういったイメージがあるでしょうか。 ・「貧乏く …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です