節約

実家暮らしこそ最強の節約。貯金するならこんなにいい貯蓄術はありません!

私が独身の頃は

「自立の為に一人暮らししろ」

だの

「一人暮らししないと一人前ではない」

などよくわからない風潮がありました。

しかし、結局結婚するまでは一人暮らしはしませんでした。

 
今思えばしなくて良かったと思います。

 
それは単純に貯金が出来るからです。

 
私の経験から実家暮らしと一人暮らしの金銭面での比較をしていきます。

固定費は安い方がいい

今、私は賃貸物件に妻と子どもと住んでいます。

 
賃貸ということは家賃を払わなければなりません。

 
そのほかに共営費や駐車場代、光熱費や通信費などもかかります。

そこで毎月必ず払うものを固定費とした上での支出は以下になります。

一か月にかかる固定費の内訳

・家賃・駐車場55000

・電気4000

・ガス5000

・上下水道2800(注1)

・食費30000

・通信費10000(注2)

・保険9000

・ガソリン代9000

計124800円/月

(注1)隔月請求を2で割った数字

(注2)携帯電話2人分、プロバイダー料金

 
だいたい13万円近くはかかります。

 
そこにイベントや急な出費などかありますから、プラスαで数万円は上乗せされます。

当ブログは「平均年収以下のサラリーマンが~」とあるように、世間一般で言われている年収に比べて低い水準です。

 
ですので、固定費は削らなければ投資などに資金を回すことが出来なくなってしまいます。

では実家暮らしにすると

そこで上記の金額から親と同居した場合はどうなるか見てみましょう。

以下のデータは未婚時のものなので、私一人の数字となります。

 
・家賃・駐車場0

・電気0

・ガス0

・上下水道0

・食費50000

・通信費9000

・保険6000

・ガソリン代6000

計71000円/月

 
変更点は家賃、光熱費などを負担してもらう代わりに食費という名目で一律5万円家に入れる、ということをしていました。

 
通信費はキャリア携帯電話を使っていたため、現在よりも高いです。

 
結婚して家族がいるときのデータと純粋な比較はできませんが、金額の開きは53800円と圧倒的に実家暮らしの方が安いです。

 
ひと月に5万円ほど多く貯金が出来れば、年間では60万円となり、10年では600万円です。

 
600万円あれば投資にお金をあてることは十分な金額ですし、急な出費があっても対応できる心の余裕を持つことができます。

大事なことは自分の意見を貫くこと

金額にすると大きな成果になるということがわかりました。

 
しかし、ここで弊害になるのは「他人の意見」です。

他人の意見は気にしない

冒頭のように一人暮らししないと一人前ではない、という意見はいまだに聞かれます。

サラリーマンとして働くのであれば、様々な意見を持つ人たちと話をする機会も多いかと思います。

そこで自分の意見が揺るぐことがあるかもしれません。

 
ここで大事なことは自分の意見を持つことです。

 
世間一般的な意見を正しいと思っている人は大勢います。

なぜ一般的な意見が正しいと思われているのでしょうか。

世間体を気にする人たち

よく聞かれるのは世間体を気にする人が多いということです。

 
日本は人と違うことをすると変な人扱いされる傾向があります。

 
この大勢の意見がまかり通るのは仕方がないです。

国民性がそういうものなので、変えることは個人ではどうしようもありません。

 
しかし、私たちは自分の価値観を変えることはできます。

 
自分の思考は何者にも侵害されるものではありません。

実家暮らしの他のメリット

実家暮らしは貯蓄の視点から大きな効果があることは数字で比較することができました。

それでは実際に他にもメリットがあるか、逆にデメリットは何があるかを考えます。

ひとりじゃない安心感

実家暮らしで良かったことといえば、病気の時に看病してくれる人がいたことです。

風邪くらいならまだしも、しばらく寝込むような病気にかかると一人のときは大変です。

 
こんなときは看病をしてもらえるととても心強いです。

 
私はノロウイルスにかかったときや風邪をひいとき、病気になり退院後の療養生活時は本当に助かりました。

 
また、急病で誰かが倒れたときは発見が早く出来る可能性が高くなります。

 
特に親が高齢になってくるとそのリスクも上がってきます。

同居人数が多ければ多いほど、助け合いがしやすくなります。

自由時間が少ない

デメリットとしては自由時間が少なくなることでしょうか。

 
集団生活をしていると、自分だけの都合で動くことができないこともあります。

ひとり暮らしをする理由のひとつに、誰にも干渉されたくないということをよく聞きます。

 
自分でお金を稼げるようになると、自立したくなる気持ちはわかりますね。

まとめ

数字から一人暮らしと実家暮らしの比較をしてみました。

 
参考になれば幸いです。

ちなみに私の貯金したお金の行方はどうなったのかといいますと、大半は趣味に消えました。

 
当時は資産運用など考えたこともありませんでしたが、しっかり貯金しておけば有効活用できたかな、と思いますがそれは後の祭りです。

 
キャッシュフローの見直しは早ければ早いほど効果はあります。

 
実家に帰ることが出来れば大きな節約できます、という話でした。

RELATED POST
節約

最も簡単な不労所得はクレジットカード支払い!年間2万円以上好きなことに使っています

2018年9月16日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
支払いをするならクレジットカード一択! 皆さんはお金を使う時は現金派ですか?カード派ですか? 私はクレジットカードで支払 …
節約

投資家はケチになれ!ケチと節約の違いを判断するポイントは?

2018年12月23日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
投資家にケチが多いことは本当か 投資家として成功したいならば、ケチと節約の違いを知っておいた方がいいかもしれません。 なぜな …
節約

無理のない節約のススメ。やってみるとお金が貯まるしストレスないしいいことばかり!

2018年9月5日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
節約について本気出して考えてみたらいいことばかり みなさんは「節約」と言えばどういったイメージがあるでしょうか。 ・「貧乏く …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です