節約

無理のない節約のススメ。やってみるとお金が貯まるしストレスないしいいことばかり!

節約について本気出して考えてみたらいいことばかり

みなさんは「節約」と言えばどういったイメージがあるでしょうか。

 
・「貧乏くさくてイヤ」

・「めんどくさい」

・「ストレスがたまる」

など結構なネガティブなイメージがあります。

 
これ、私が実際に聞いた言葉なんですよね。

 
では、そもそも節約ってしないといけないのか。

 
素朴な疑問ですが考えてみましょう。

節約とは

まずは節約とはどういったことでしょうか。

節約とは無駄遣いを極力なくするように努めること。

ウィキペディアより引用

とのこと。

つまり何でもかんでも制限するわけではありません。

 
無駄遣いをなくせばいいということです。

 
結構無駄というものは日常生活に潜んでいるものです。

 
例えば

・見ていないテレビの点けっぱなし。

・なんとなくコンビニに行き目当てのもの以外の商品を買ってしまう。

・携帯電話のプランが自分にあっていないのに高額な契約をしている

など、思いつくだけでもいくつも出てくるものです。

 
長年の習慣になっているものは時間がかかるものですが、一度労力をかければ長期的にお金が月に数千円は浮くというものも多々あります。

月に数千円浮かせることは長期的に見れば大きなことです。

 
一日数時間働けば数千円になりますが、その働く時間と同じお金を得ることと同じです!

 
そう考えればモチベーションが上がるかもしれません。

すぐできて効果の高い節約とは

さて、節約について簡単に考えてみましたが、まずはどこから手を付ければいいでしょうか。

 
私がおすすめするのは「携帯電話料金の見直し」です。

 
これははじめだけ少し手間はかかりますが、その分の金額のリターンは大きいです。

 
私が実際に行っており、当時より6万円/年浮く計算となっています。

 
それでは詳しくお伝えします。

 
当時私は大手のキャリア携帯を使っていました。

月額使用料と機種代金を合わせて8600円/月くらいでした。

日中は会社員として働いているので、あまり携帯電話を使用することはありません。

そしてその携帯電話の機能を使いこなすほどの知識はありませんでしたし、興味もありませんでした。

 
貯金をしたいと考えたところ、この携帯電話料金が高額なことに気が付いたので、格安スマホに変えることにしました。

 
結果的には前述のとおり、年間6万円ほど安くなる計算になり、普段の使用には全く困りません。

携帯電話ショップに行って手続きをする。

 
たったこれだけで6万円が手元に残ると考えればかなり金銭的に大きいです。

 
薄給で一生懸命仕事をやり、昇給をめざすよりもよっぽど楽で即効性があります。

一気にやろうとしない

節約の一例を出しましたが、金額にしてみると大きなものだということがわかるかと思います。

 
そこで「こんなに大きな差があるならいろいろやってみよう」と思われるかもしれませんが、長年染みついた習慣はなかなか変わりません。

 
あれもこれもやろうとして計画段階で嫌になってしまっては元も子もないです。

 
まずは節約に目を向けて意識を変えていく、という心構えを持つことだけでも変わっていくはずです。

 
そして、意識や習慣を変えていくには時間が必要です。

少しずつ、出来る範囲からやっていくことが大切です。

無理をしなくてもできることはたくさんある

意識や習慣の話をしましたが、がんばらなくてもできることは探してみると結構あります。

 
例えば支払いはクレジットカードにする。

これだけで使った金額によりポイントが貯まり、そのポイントで他のものを買うことができます。

 
私はこのクレジットカードで支払ったポイントは年間2万円以上貯まります。

最も簡単な不労所得はクレジットカード支払い!年間2万円以上好きなことに使っています

 
あとは貯蓄体質に変わってしまうこともおすすめです。

節約が無意識のうちにできてしまえば抵抗が起きません。

 
抵抗が起きなければストレスにならないからです。

貯蓄体質になるには。簡単に始められる4つの行動

 
なるべく楽にできる方法を探してみてください。

 
そして節約効果は直接お金が残ることに繋がるので、目に見えてわかりやすいです。

 
その繰り返しで楽しくなってくれば長く続けることができます。

まとめ

お金を貯める手段の一つが節約することです。

人はそれぞれ理由があってお金を貯めます。

このブログは平均年収以下のサラリーマンの資産運用についてのブログです。

 
私の場合は株のシステムトレードで利益を積み上げていく、ということを目指しているのですが、資金がないとトレードが出来ません。

 
そして資金が多ければ多いほど有利になります。

そのためには自分のできることをやって資金を作る必要があります。

私の勤めている会社は昇給は微々たるもので、昇格しても爆発的に給料が上がるわけではありません。

 
それならば日々の習慣を少しずつ変えていくことにより、長期的視点で効果を出すことは必要不可欠です。

 
お金を作る、ということに着目すれば節約がどれだけ効果的かがわかるかと思います。

まずは少しずつ抵抗のない範囲で実行することをお勧めします。

RELATED POST
節約

小銭貯金を4年間続けた結果を公開。コツとルールの決め方を紹介します

2019年2月4日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
小銭貯金を4年間続けた結果を公開!コツとルールの決め方紹介 4年前からコツコツと小銭貯金をしていました。 その結果、なん …
節約

投資家はケチになれ!ケチと節約の違いを判断するポイントは?

2018年12月23日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
投資家にケチが多いことは本当か 投資家として成功したいならば、ケチと節約の違いを知っておいた方がいいかもしれません。 なぜな …
節約

最も簡単な不労所得はクレジットカード支払い!年間2万円以上好きなことに使っています

2018年9月16日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
支払いをするならクレジットカード一択! 皆さんはお金を使う時は現金派ですか?カード派ですか? 私はクレジットカードで支払 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です