資産運用

私が株を始めた理由と経緯とは。学ぶにつれて気が付いたことは「株取引だけが資産運用じゃない」

資産運用といえば株のイメージでした

資産運用と言えば「株」や「FX]、「投資信託」などが思い浮かぶかもしれません。

 
私も資産運用をしようと情報収集をしていた時は、このあたりのキーワードが検索でヒットしました。

 
しかし、株は「損をする」や「借金をする」などとても危険なイメージを持っていたので、はじめは買うことを躊躇しました。

 
そこでまずは安全に運用したい、と考え投資信託と国債を買おうと考えました。

この少しあとから並行して個別株の取り引きを始めることになります。

 
今回の記事は株取引についての経緯と理由、その後に気が付いたことを記事にしました。

 
これから資産運用を始めたい方や興味がある方の参考になればうれしいです。

株と私の出会い

社会人一年目に証券口座は開きました。

私は大学を卒業後、とある上場企業に入社しました。

 
そこでは「社員持ち株制度」、というルールが導入されていました。

 
社員持ち株制度とは、従業員がその会社の株を購入するという制度です。

その会社は時価の株価で購入するのではなく、一律で決められた株価で購入するというなんともわけのわからない話でした。

 
たしか1株200円にも満たないものを1000円で買わされていた、という記憶があります。

 
会社説明会では自己資本比率が高いからわが社は安心だ、とアピールしていた会社でしたが、私が退職した数年後、不適切な会計処理があり監理ポストに割り当てられました。

 
結局上場廃止になるのですが、という今思えば懐かしい思い出になっています。

 
それからは株というものに遠ざかっており、そのままになっていました。

将来について真面目に考えたとき、お先真っ暗と気が付いた

それから転職をしてなんとなく働いていたのですが、当時付き合っていた彼女と結婚を考え始めたとき、お金のことを考えました。

 
あれ、貯金が。。。

 
そうです、私は熱心にお金を貯めることをしてこなかったため、貯金があまりなかったのです。

今の会社の給料は平均年収にはほど遠く、昇給や昇格してもたかが知れている金額。

 
これを定年まで続けていても老後の生活費など捻出できるわけがない。

 
30代になってやっとわかったのです。

 
「このままじゃダメだ、資産運用しよう」と決めました。

それから資産運用について調べることにしました。

金融リテラシーを身に付けなければならない

私がなにも疑問を持たずに預けていた郵便局や銀行の預金。

調べてみたところ、通常貯金の金利は0.001%でした。

 
何この低さ、預けているだけでは全然貯まらないのか。

 
金融リテラシーのなさが招く悲劇はこういうことです。

 
「お金は銀行に預けておく」と親から教えられたことに何も違和感を持たずに実行してきた結果です。

 
もちろん親が教えてくれたことを否定するわけではありません。

 
しかし時代が違うのです。

 
私の親世代はバブルを経験してきて給料の良かった時代です。

会社の給料だけで十分生活はでき、貯金は銀行の定期預金に入れておけばそこそこの利率があるので着実に増えていきました。

 
私たちはお金の勉強をしなくてはならないのです。

 
時代に合った運用方法でお金を回すことが最も効率がいいことがわかりました。

以下の記事にまとめています。

貯蓄から投資に考え方をシフトする方法とは。時代の流れに乗ることが大事!

 
私は気が付きました。

 
なんて時間とお金を無駄にしてきたのだろうと愕然としました。

 
ネット銀行なども調べても、確かに少しはいいもののそれでも低い。

これは投資をするしかない、と考えました。

 
そこで決めたのは投資信託と国債です。

 
投資信託はドルコスト平均法で数年買っておけば長期的に数%の利回りになる。

国債は国が発行しているから安心安全で大丈夫だろう、という安易な考え方でした。

 
ただそこまで待てないから個別株も買おう、と決めたのはこのころです。

しかしそんなにうまくはいかずに失敗もしています。

私が今までに行った資産運用(失敗も含む)と学んだこと。見返すことでこれからの課題が見えてきます。

 
悩んで失敗してもやもやすることもありますが、失敗をすることで学ぶことがあります。

 
今となっては行動をして良かったと振り返ることができます。

お金が減るのは困りものですが。

まとめと学んだこと

私が株を始めた理由と経緯をまとめました。

 
根底にあるのは「今の給料では将来が心配」という多くの人が抱えているであろう不安からくる心理です。

 
そして早く結果を出したいから利回りがいい商品を探す、というところから株を始めました。

ここから苦悩の日々が始まりますが、株を選んで良かったと思っています。

 
しかし今は他の資産運用の方法もあるので株だけには固執していません。

 
自分の性格と資金量などを考慮して、資産運用をしていけばいいと考えています。

 
例えば「ソーシャルレンディング」などからはじめて、資産運用のやり方を学んでから株取引をしてもいいかもしれません。

ソーシャルレンディングは投資初心者におすすめ!リスク分散のために開いた口座3つの紹介と理由は?

 
このように学び続ければ他の方法などを知ることができて選択肢が広がります。

 
また資産運用は資金が大きければ大きいほど有利です。

そして家族の協力があればさらにスムーズにお金を殖やす可能性が広がります。

投資は家族の協力が不可欠。理解してもらうために話した4つのこと

ぜひ情報を収集して自分に合った資産運用をされてください。

RELATED POST
資産運用

サンバイオが寄ったらどうするか考えました。まずは生きること最優先!

2019年2月5日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
サンバイオが寄ったらどうするか考えました。まずは生きること最優先! 今週も投資家やトレーダーの間で話題の中心にある「サンバイオ」  …
資産運用

日経平均前日比-822とサポートをあっさり突破!今後のトレンドをチャートで考察しました

2018年10月25日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
最近はボラティリティが大きな相場が続いていました。 それも買い意欲の強さを感じさせるものではなく、売りの圧力が強いと感じていました …
資産運用

お金を殖やすために10年定期預金を途中解約した理由とは。おすすめ運用方法も紹介します

2019年2月14日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
お金を殖やすために10年定期預金を途中解約した理由とは。おすすめ運用方法も紹介します。 7年前にゆうちょ銀行で10年定期預金を組んでい …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です