雑記

住むなら賃貸か持ち家か?トレーダー的思考で考えると色々なことが見えてきました

人生三大出費のひとつ、住まいについて考えるときがきました

生きていく上で出費は必ずついて回るものです。

その中で特に大きなものとして、「人生三大出費」というものがあります。

 
内訳は「住宅費」「教育費」「老後の生活費」といわれています。

 
先日今後の住居についてどうしていこうか、という話になったので「住宅費」について考えることになりました。

私はトレーダーなので、トレーダー的思考で考察しました。

生涯かかる住宅費はいくらくらい?賃貸の場合

これは一概には言えません。

住みたい家の種類、間取りなどはもちろん住む場所によっても大幅な違いが出ます。

ここでは私を例にして計算してみます。

 
賃貸アパート2LDK、駐車場2台、その他の費用で55000円/月かかっています。

2年契約で契約更新時は家賃の1ヶ月分がさらにかかります。

わかりやすいように表でまとめました。

 

期間1か月1年2年10年50年
金額(万円)5.566137.5687.53437.5

1年間では66万円かかります。

 
今自分で計算してみても驚きです。

2年では137.5万円と3桁越えになります。

10年後には687.5万円となんだかものすごい損をした気分になります。

 
しかもこの支払いは賃貸物件に住む限りは、生涯払い続けなければならない計算になります。

 
仮に私は30代なので80歳まで生きたとすると、3437.5万円の支出です。

 

もう考えたくない金額ですね。。。

払う金額は一定にしていますが、仕事を辞めて年金生活になった後のことを考えると不安が募ります。

生涯かかる住宅費はいくらくらい?一軒家の場合

上記のように私たちの事例を用います。

 
希望は

・中古一軒家でリフォームをして住みたい。

・庭がほしい。

・自然の多いところに住みたい

・部屋数は少なくてよい(2LDKくらいで十分)

などです。

 
条件を元に調べたところ、1280万円で希望に合いそうな物件を見つけました。

詳しいリフォームの計算方法などは専門のサイトでたくさん紹介されているのでそちらを見てもらうこととして、簡単な計算方法です。

 
物件価格=1280万円

頭金=100万円

金利=3%

ボーナス返済=なし

 
とすると、借入額は1590万円になります。

 
諸費用やリフォーム代金などは含めていませんので、やはり2000万円は超えるかな、といったところでしょうか。

 
さらに老朽化に伴う金額が加算されていきます。

これだけ見ると、持ち家の方が有利かな?と思うかもしれません。

 
しかし、有利だからすぐに購入するということはしません

ローンを組みたくない

トレードをするには資金が必要です。

私みたいに給料は低く、貯金もそこまで多くない人は住宅ローンを組んでしまうと、お金の制限が今よりも増える可能性があります。

 
それは大きな買い物をしたから失敗ができない、ということにつながるからです。

 
トレードは勝つときもあれば負けるときもあります。

 
もし相場とストラテジーが合わなくて、ドローダウンに入ってしまったとします。

お金の縛りがなければ期待値があるストラテジーなら、その後はきっと資金の回復をするでしょう。

 
しかし失敗が許されない状況に近づいてしまうと、トレード自体が出来なくなる可能性があります。

 
そうすると勤め先の給料だけで生活し、支払いをすることになりかねません。

 
お金を殖やすには雇われて働く以外のこともしないと、殖やしていくのは難しいです。

 
今は国が投資を進める時代になりつつあります

少額でもいいので、投資をしてみることをおすすめします。
貯蓄から投資に考え方をシフトする方法とは。時代の流れに乗ることが大事!

 

そのための資金確保であり、機会をうかがわないといけないわけです。

お金がある程度増えるまでは賃貸、その後持ち家

ある程度自由の効く間にトレードや資産運用を行い、お金を殖やします。

 

お金が増えれば余裕ができます。

余裕が出来れば冷静な判断ができるので、トレードにも悪影響は出づらくなっているはずです。

その状態にしてからストラテジーを運用するお金と生活費、貯金を残してローンを組みます。

これがお金をうまく運用して家を買うやり方かもしれない、と結論づけました。

 
この状態にするまでは賃貸、めどがついたら家を購入したいと考えています。

 
やはり世の中は何が起こるかわかりません。

相場の世界はまさにそうです。

そんな世界だからこそ守備力は高い方がいいと考えています。

ローンを組むことによって自分に制限をかけたくない気持ちが強いです。

まとめ

私なりのトレーダーとしての住居に対する考え方を述べました。

これは家が欲しいと考える妻の意向を尊重した上で、どうすればいいかということがベースになっています。

私はもともと賃貸でいいと考えていましたが、色々な情報を集めていくうちに持ち家もいいな、という気持ちになりました。

考え方や価値観は人それぞれです。

 
納得のいく結論が出るまで考えてプランを建てられることをおすすめします。

 
私もまだまだ知らないことがたくさんあるので、これを機により良い方法がないか模索していきたいです。

RELATED POST
雑記

ブログは凄い人たちの思考の宝庫。たくさんの有益な情報を無料で見られるなんていい時代です!

2018年11月24日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
ブログが楽しい理由は自分の成長につながるから 私がブログをはじめてから4か月ほど経ちました。 学生時代は情報系の授業が大嫌いで、課題 …
雑記

池袋土産はRINGOに決まり!エブリィ特集で紹介されたアップルパイは並んでも買いたくなるおいしさ

2019年3月5日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
池袋土産はRINGOに決まり!エブリィ特集で紹介されたアップルパイは並んでも買いたくなるおいしさ。 先日池袋に用事があり、ググったとこ …
雑記

稀勢の里お疲れ様でした。熱い名勝負3番を振り返ります

2019年1月16日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
横綱の稀勢の里が引退を発表しました。 初場所初日から3連敗をしていいところなしだったので、もう限界なのかな、と心配していました。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です