節約

貯蓄体質になるには。簡単に始められる4つの行動

無理をしないで貯蓄体質になる!

お金についての考え方は人それぞれです。

しかしこの世の中はお金がないと生活ができません。

 
つまり誰もが常に直面している金銭問題からは逃れることはできないのです。

 
給料の上がらないこの時代はネガティブなニュースの方が多く出回っているように思えます。

こんな時代だからこそ貯蓄の必要性が高まっていると感じています。

 
そのためには少しずつ貯蓄体質に変えていきことが大事です。

 
ちなみに私は「大ざっぱなめんどくさがり」です。

そんな私でも実践できている4つの行動をまとめました。

家計簿をつける

一つ目は「家計簿をつける」。

昔から家計簿は家の収支がどうなっているかを判断するのに使われていますね。

 
しかし、必ず出てくる問題は「面倒くさい」

 
いちいちチェックするのは手間がかかります。

そして外出したら細かい内訳がわからなくなることもあります。

 
家計簿は継続をすることにより、はじめて成果が出ます。

 
まずは完璧につける必要はありません。

 
エクセルを使えば簡単に作成することができ、しかも入力が簡単です。

そして何にどれくらい使っているのか、ということがわかれば、何を改善すればいいのかがわかってきます。

私も過去は家計簿は面倒でつけられなかったです。

 
家計の管理は私がしているので、必然的にお金の管理をするようになりました。

 
実際につけはじめると、生活の改善点が見えてきました。

 
そして数字として収支がわかるので、貯蓄をしているという実感がわきやすいです。

 
しかも楽しくなってきました。

 
ここまで来るとあとは自然にできるようになっていました。

 
まずは継続するということを考えるのではなく、とりあえず今月分をつけてみよう、という気持ちでいいと思います。

安いからと買わない

この値段だとお得だから買っておこう、という考え方だと財布のひもが緩みます。

スーパーのセール品で広告の品があるとつい買いたくなります。

他には100円均一です。

 
100円だから、という気持ちで買い物をするとあっと今に1000円くらい買ってしまいます。

 
100円は安いという印象がつきやすく、出すことに抵抗を感じにくいです。

自動販売機で100円のジュースがあると、何となく買ってもいいかという気持ちになったことがあるかもしれません。

これは人間の心理なので仕方がない部分ではありますが、ここを気にすると年間では結構な差が出ます。

小銭貯金をする

ささやかな貯金方法が意外と効果があります。

私が行っているのは「500円貯金」です。

 
元々財布に小銭が入っているのが好きではなかったので、財布を軽くするために小銭を出していました。

その後、貯金箱をもらったので使うようにしたところ、結構な金額が貯まるようになりました。

 
単純に硬貨の中で一番重いことと、金額の大きさで500円にしたのですが、思っていた以上に早くお金が貯まります。

 
さらに重い財布を持たなくて済みます。

しかも貯金箱に入っているので、すぐに開けられません。

これがいっぱいになった時の使い道は決めていませんが、資産運用にまわすと思います。

 
この500円貯金がおすすめなのは「サプライズ性があるから」です。

 
普段意識をしないで貯金箱にお金を入れることにより、お金を貯めているという感覚になりません。

いざいっぱいになった時は臨時収入のような感覚になります。

 
人間はサプライズが大好きです。

 
10万円でいっぱいの貯金箱なら、「10万円が臨時収入で入ってきたという気持ち」になります。

 
この感覚を覚えれば次からもできるので、焦らずにやってみてはいかがでしょうか。

目的を決める

漠然と何かをすることはモチベーションが続きません。

 
例えば目的地のないマラソンはどこまで走ればいいかわからないので、ペース配分が考えられません。

そしてゴールをイメージすることができないと、走り切るという目的を達成することができません。

 
つまり、何のために貯蓄をするのか、ということをある程度決めておくと目的が達成しやすくなるということです。

 
「いくらの」家を買う、老後の生活資金を「いくら」貯める等ですが、この「いくらの」というところが重要です。

 
上記の例のマラソンだと、ゴールが貯蓄の目標額になります。

この目標額(ゴール)にたどり着くには毎月いくら貯めればいいのか、ということがわかってきます。

それがわかればその金額をあらかじめ引けば、最低限の毎月の目標額は達成することが出来ます。

これを毎月やっていくことにより、習慣化していきます。

まとめ

貯蓄体質になるために私が実践している4つの内容をお伝えしました。

私は元々は貯金をするタイプではなく、趣味にお金をどんどんつぎ込むタイプでした。

お金に苦労することもなく、なんとなく上手くいっていたように見えたのです。

 
しかし、ある時自分の貯金はいくらあるのか、と調べてみたところ絶望的に少ないことがわかりました。

 
お金のことから逃げていて、真実を知ろうとしていなかったのです。

 
それからはまずは現状を把握しました。

そのあとは徐々に習慣として上記の4つの内容を取り込んでいきました。

 
今では少ない給料の中でも、しっかり貯金ができています。

 
きっとこの記事を見てくれている方は、貯蓄をしたいと思っているはずです。

簡単なことから少しずつ始めていけば習慣化されます。

まずは出来そうなことから始めてみてください。

RELATED POST
節約

小銭貯金を4年間続けた結果を公開。コツとルールの決め方を紹介します

2019年2月4日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
小銭貯金を4年間続けた結果を公開!コツとルールの決め方紹介 4年前からコツコツと小銭貯金をしていました。 その結果、なん …
節約

無理のない節約のススメ。やってみるとお金が貯まるしストレスないしいいことばかり!

2018年9月5日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
節約について本気出して考えてみたらいいことばかり みなさんは「節約」と言えばどういったイメージがあるでしょうか。 ・「貧乏く …
節約

ダニ対策で布団乾燥機を買ったら衣類も乾かせて一石二鳥!使い勝手やコストの面でもお得です

2018年10月24日
平均年収以下のサラリーマンが本気の資産運用を始めた
ダニ退治以外にも使い道が多かった布団乾燥機 梅雨の湿った時期、朝起きると背中やお腹あたりが痒かったです。 見てみると蚊に刺された …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です